当ブログは読者の皆様に支えられています。ご参考になりましたら、シェアをお願いします(^_-)-☆

コストコ「ストレッチタイト フードラップ」有害物質を使ってる?電子レンジで使えない?調べてみました!

当ブログは読者の皆様に支えられています。ご参考になりましたら、シェアをお願いします(^_-)-☆

商品名:ストレッチタイト フードラップ 3000フィート
価格:1,958円(税込)

みんなの評価投稿数: 0
0

 

コストコの「ストレッチタイト フードラップ 3000フィート」。言わずと知れたコストコの大人気アイテムです。お得なんだろうな…と前々から思っていたんですが、なんせ大きい!そのため購入をためらっていました。が、ある日、目の前で外国人の男性が当たり前のようにこの商品をどん!どん!どん!と3つもカートに入れているのを見て、つられてトコ子もどん!と1つカートに入れました!使ってみたところ意外や意外!使いやすいんです。しかも安い!(どれくらいお得かは値段比較をご覧ください)けれども、調べてみると有害物質が使われているとか、電子レンジで使えないとか、良くない評価もあるんですね。実際どうなのか、調べてみることにしました!

スポンサーリンク

商品情報

  • 商品名:ストレッチタイト フードラップ 3000フィート
  • 品番:0177300
  • 価格:1,958円(税込)
  • サイズ:幅30.48cm×長さ914.4m
  • 原材料:ポリ塩化ビニル
  • 添加物:アジピン酸イソノニル(可塑剤)、エポキシ化大豆油(安定剤)
  • 耐熱温度:82℃
  • 耐冷温度:-51℃
  • 輸入者:コストコホールセールジャパン株式会社
  • 原産国:アメリカ

値段比較

コストコの「ストレッチタイト フードラップ 3000フィート」は本当に大きいです。その長さはなんと3000フィート=914.4mです!もうすぐ1km!!長すぎです。一体どれくらいの期間で消費できるのでしょうか。使っている友人に聞いてみると、2年半かかった!と言っていました。そりゃそれくらいかかるわ…というボリュームです。幅も30.48cmあり、いつも購入していたクレラップ(上の写真)と比べてもその大きさの違いが分かります。

さて、肝心の値段比較をしていきます。コストコの「ストレッチタイト フードラップ 3000フィート」は914.4mで1,958円(税込)。1mあたり2円(税込)になります。この時点でものすごく安くて驚くトコ子。。。ちなみに、914mというとクレラップ(50m)の18本分。やっぱりすごい量です。

そして、同じくコストコで売られている割安の「クレラップ 50m 3本セット」のお値段と比べてみます。こちらは、50m(1本)で249円(税込)。なので、1mあたり5円(税込)になります。

ということは、コストコの「ストレッチタイト フードラップ 3000フィート」が圧勝です。なんとクレラップ価格の60%オフ!安いですね。このコストのお得感が人気の理由なんですね。

ストレッチタイトフードラップ組み立て方

コストコの「ストレッチタイト フードラップ」は使う前に組み立てる必要があります。商品の裏側に組み立て方が描いてあるのですが、説明文が英語なのと、ちょっと分かりにくいんです…。

というわけで、組み立て方を写真付きで解説します♪

組み立てる前に…商品を開けると、スライドカッター金属刀(上の写真)が入っています。どちらかを選んで箱に取り付けます。

質問者の写真
個人的には力を入れずにカットできるスライドカッターが使いやすいです♪

スライドカッターの場合

1.スライドカッターを「ストレッチタイト フードラップ」箱の端から挟むように(上の写真)取り付けます(下の写真)。

2.箱の上部(ふた部分)の切れ込みを押し出します。

3.ラップを引っ張り出し、2.で開けた切り込みに通します。

4.ふたを閉めれば組み立て完了です。
5.使いたい長さのラップを引き出し、スライドさせるとカットできます!

金属刀の場合

1.「ストレッチタイト フードラップ」箱のふたを開けて金属刀のついた厚紙(段ボール生地)を差し入れます。

2.ラップを引っ張り出し、ふた上部の切り込みに通します。

3.ふたを閉めれば組み立て完了です。
4.使いたい長さのラップを引き出し、金属刀に沿って引っ張るとカットできます!

質問者の写真
実際やってみるとシンプルな作りで組み立てやすいですよ♪

レビュー

コストコの「ストレッチタイト フードラップ 3000フィート」。実は、この商品には3000フィート750フィートがあるんです。750フィートだと2本入りで売られています。お値段はやはり3000フィートを購入した方がお得なんですが、お試しで使うなら750フィートからチャレンジしてもいいですね。サイズが小さい分、普通のラップのように片手で持って…というわけにはいかず(笑)。やっぱりドン!と大きいので台の上に乗せて使う必要があります。

さて、実際に「ストレッチタイトフードラップ」を使った感想を書いていきます!まず最初に思ったのは、、、

意外!むっちゃ使いやすい!

と感じました。とにかく大きくズッシリとしたラップなので「ラップを引っ張り出すにも、カットするにも力がいるのでは、、、」と思っていたのですが、それは違いました。ラップはスッと引っ張り出せますし、箱の構造上巻き戻りもありません。”ラップあるある”の、ラップが本体側にくっついて元に戻すのに一苦労する!!といったことがありません。また、スライドカッターを取り付ければ(組み立て方は上に記載)力を入れることなくスーーーっとラップをカットすることができるんです。この滑らかな使い心地がなんとも爽快(笑)!

あと使ってみて分かったのは、密着力がハンパないということ(下の写真をご覧ください)。

お皿にラップをかけたところ(下の写真)ぴったりとくっついているのがお分かりいただけるでしょうか。ラップ自体に伸縮性があり、ピターーーっとお皿とラップがくっつくんです。

お皿を裏返してみました(下の写真)。ラップがお皿にぴったりとくっついています。このおかげで、空気を閉じこめ、食材の鮮度も保ってくれるというわけです。あと、冷蔵庫でおかずを保管した場合、他の食材からの匂い移りも防ぐことができますよね。

さらにさらに、どれくらい密着しているかというと、、、下の写真をご覧ください!

水を入れたコップを逆さにしても漏れません!!ラップも外れません!!すごーーい。これには感動すら覚えました♪

コストコで大人気の「パンオショコラサヴール」を冷凍保存する際にラップで包んだのですが、クレラップと比べると「ストレッチタイトフードラップ」の密着感が分かりますよね。なかなかgoodラップだと思いました。

有害物質を使ってる?

コストコの「ストレッチタイト フードラップ」について調べていると、気になる情報が…。「原材料に有害物質が使われている」というのです。一体どういうこと?と思い、調べてみました。

原材料:ポリ塩化ビニル
添加物:アジピン酸イソノニル(可塑剤)、エポキシ化大豆油(安定剤)

まず、「ストレッチタイト フードラップ」の原材料はポリ塩化ビニルです。この原材料を調べてみると、日用品やおもちゃ、建設材料などいろいろな製品の材料として使われていることが分かりました。「それだったら安全なんじゃ…」と思いたいですが、ポリ塩化ビニルを焼却処理する際にダイオキシン類の有害物質が発生してしまうということでした。あっ、そういえば、トコ子が小さいころ、ビニールが燃えると「有毒ガスが発生する!」とか言っていたことをふと思い出しました。それと同じかは分かりませんが、焼却処分の際に有害物質が出ることはたしかなようです。

そのため、近年ではメーカー側もポリ塩化ビニルの使用を控えるようになっているとのこと。ちなみに日本メーカー(クレハ)のクレラップの原料を見てみると、ポリ塩化ビニリデンというものが使われています。ちなみにサランラップの原料もポリ塩化ビニリデンです。名前が似ているのですが、ポリ塩化ビニルよりは、環境に優しい材料なの?と思い、これまた調べてみると、ポリ塩化ビニリデンも燃やすとダイオキシンが発生するそう。えぇぇ!結局どちらのラップも有害物質が発生してしまうんですね。

有害物質・ダイオキシンを発生させないためには、ゴミを減らすこと。これに尽きるようです。100%安全な材料を使っている、とは言い難い結果となりましたが、気をつけて使っていきたいものです。

電子レンジで使えない?

「コストコのストレッチタイトフードラップは電子レンジで使えない」という情報もあったので調べてみました。ラップの入った箱の裏側には、使い方が描いてあるのですが、ちゃっかりレンジの絵が!どうやらレンジOKのようです。

しかし!耐熱温度を見てみると、、、

耐熱温度:82℃
耐冷温度:-51℃

耐熱温度は82℃。これまたえぇぇ!本当にレンジで使えるのでしょうか。食材にもよりますがレンジで温めると、グツグツと沸騰する場合もありますよね。冷凍ゴハンを解凍する際もこれまた熱々ホカホカになります。82℃は上回っているような…。

そこで、実際に食材の入ったお皿にラップをかけて温めてみました。すると…

わぁ、、、ラップが膨らんできたよ…

と見慣れぬ光景がレンジの中で広がっています。そして、、、パン!…やっぱり破れるよね。

というわけで、ラップがはちきれてしまいました。レンジの種類にもよるの?かもしれませんが、トコ子家のレンジではコストコの「ストレッチタイトフードラップ」は使えませんでした。そして、ちょっと心配だったのが、心なしかビニール臭がしたこと。成分が気化してるの?と不安になりました。

とにかくトコ子家では「ストレッチタイトフードラップ」はあくまでお皿にかける用として使うことに。電子レンジは不可ですね。使い勝手はとっても良かったので、電子レンジが使えないのは残念でしたが、お値段はかなり安いので、年単位をかけて使い切りたいと思います!

この記事を書いた人

トコ子
トコ子コストモ管理人
コストコ大好きなトコ子。旦那のコス夫さんと毎週コストコに通ってます。兵庫県在住の一児の母です。新商品に目がないため、新作のコストコ商品はつい買ってしまいます(^_^;) 他ではあまり手に入らない商品や気になる商品のレビューをしています。最新記事はSNSで通知していますので、フォロー宜しくお願いします♪

口コミを投稿する


Submit your review
*必須項目です

クレジットウィジット2
スポンサーリンク

当ブログは読者の皆様に支えられています。ご参考になりましたら、シェアをお願いします(^_-)-☆

フォローいただければ、最新記事をSNSでご確認いただけますよ。

コメント

  1. どっかのオカン より:

    初めまして
    ストレッチタイトフードラップはトコ子さんのお宅ではお皿にかける用とありましたが、やはりコストコユーザーとしては、温めで使う事はできなくても、レンジで解凍は出来るので、お肉等小分けに使ってほしいです。

    • トコ子 トコ子 より:

      どっかのオカン様
      コメントありがとうございます!初めましてです。ご覧いただき嬉しいです。お肉などの小分け!そうですね、ラップの王道の使い方ですよね。冷凍もののレンジ解凍ができるんですね。お皿にかけた時には破れてしまったので使えないのかと思ってしまいましたが、よく考えると、お肉やお魚の場合は熱々ホカホカまで解凍しないですもんね。挑戦してみます!挑戦してどうだったかレビューをまた更新しますね♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。